image

ラジオ体操の多胡肇さんが萩市に巡回、生ピアノで多胡さんとラジオ体操!

夏休みといえばラジオ体操、小学生の頃はイヤイヤ早起きして近所の集会所に行っていましたが、体育大学の卒論テーマをラジオ体操にしたくらい実は好きです。最近朝ムスメとEテレを見ているので、少し早起きした時テレビ体操を見ます。そこに出てくる多胡肇さんというラジオ体操の指導の先生がピアノ伴奏の方と全国を巡回していてたまたま8/15が萩市のようで、朝5時起きしてウキウキ参加しました。ラジオ体操の歌を歌ったり、昇り立ての太陽の下に広がる芝生の公園でキレイな空気をたくさん吸ってやるラジオ体操、たまには良いです!多胡肇さんはものすごく爽やかな声で、プロフェッショナルな仕切りに感動。何より私ずっと「タコさん」と多胡肇さんのことを呼んでいて、今日初めて「タゴさん」だと知りました!


image

萩の迎え火に参加しようとして、別の祭に参加する

去年帰省中に、萩市のお寺でやってるお盆の迎え火と送り火という行事が、沢山並んだ石灯籠に火が入ってすごく良いとの噂を耳にしてから、地元だし行ってみたいと思い、今年は絶対行くと妹に車で連れて行ってもらうことに。が、目的地の大照院に行く途中の神社のお祭りに勘違いして参加してしまう。でも、この神社のお祭りも、入り口にタイマツが燃え盛っていたり、神殿までろうそくの火が並んで鳥居で提灯を受け取り、提灯片手に神殿まで歩いてお参りしたり。いくつかある石灯籠にも火が入っていてとてもステキな道でしたし、私たちが迎え火と勘違いするのも無理もないくらい。しかし、まさかの違う祭。娘は入り口の露店でアンパンマンのヨーヨーを釣って、イタリア産レモンクリーム入り鯛焼きを買い、大満足のようでした。いくつかある鯛焼きの味の中からレモンクリームを選ぶ娘。神殿内もお宝が飾られていたり、今萩の映画館で公開されてるローカル映画のモデルになったらしい神主さんのトークショーも聞けたりと、間違いとはいえ私も満足です。


image

海で気付けば塩水をなめる娘

お盆休みを利用して実家の山口に帰省中です。車で30分位のところにある海に、妹家族に連れて行ってもらいました。娘は一歳過ぎ頃に、海に行ったことがありますが覚えていないらしく、初めての海に大興奮。海に入ってスグに「海の水はしょっぱいんだよ」と教えると、事あるごとに塩味のお味見をしている娘。プールやお風呂と違って、しょっぱいのが不思議らしいです。