blog107

セロハンテープの便利さに気付いた4歳児の使い方

保育園では指で塗るタイプの「のり」を使っている様子の娘。
私と違って割りと几帳面な性格が見受けられるせいか、手が汚れるのがイヤなようで家では
もっぱらセロテープを使いたがります。
しかも、のりと違って色んなものをくっつけられて、のりよりはがれにくい上に、透明だから見てくれもきれい!
娘にとっては魔法のような道具なようで、色んな場面でセロテープを使います。
私達大人にとっては、とりあえずくっつける時など気軽な場面で使うことが多いセロテープですが、
娘は壊れたプラスティックのおもちゃをくっつけるときや、プリンセスのドレスがほころびた時にも使います。
お医者さんゴッコで包帯の代わりにティッシュを巻いてそれを留める時、人形の目がとれた時、自分で切ったハンカチをくっつける時など。
先日から気になっていた、ウチの階段の1段1段に付いているゴム製の滑り止めが欠けている部分に、やたらベタベタとセロテープが貼られているなあと
不思議に思っていたのですが、ある朝娘がセロテープで欠けている部分を貼っているのを発見!
「すーちゃんがはってたの?」と私が聞くと「あしがひっかかってケガしたらあぶないから、セロテープはっておくと
いたくないでしょ」と欠けている部分を探しながらの修繕作業。
私には思いつかないセロテープの使い方、面白い。
blog107


blog106

ものまね番組を見ながら娘が一言

先日、ものまね番組を2人で見ている時のこと。
ものまね番組によくある演出で、ものまねしてたらご本人登場という場面を見ていて、
「このふたりはきょうだい?かぞく?」と私に聞くので、「ちがうよ、ものまねだから似てるんだよ」と、こたえると、
「いいなあ、すうちゃんもでたいなあ」というので「誰かに似てないと出れないんだよ」と、こたえると
「すうちゃんはアンバーに、にてるでしょ」と私を指差しながら満面の笑顔。(※アンバーとは娘が私を呼ぶ時の呼び名です)
もうこの子ったら、と胸がキュンとなりました。
ウチの娘はお父さんの小さい頃にそっくりで、出先などでも120%「お父さんに似てるわねえ」と言われます。
娘的には、お母さんにそっくりだと思っているようです。blog106


blog105

4月からもも組に進級する娘が!

4月から年少になる娘。
3月のうちから、「ももぐみさんになるの」とすごく楽しみにしている様子でした。
3月の最終日にお風呂で「あしたになったら、すーちゃんぱっっ、て、ももぐみさんのおねえさんのおかおにかわるの?」
と聞かれました。
どうやら娘は4月になると、1つ上のクラスのお姉さんたちみたいな外見になると思っていたらしく、
寝て起きたら、ぱっと魔法のように突然お姉さんの姿になると思っていたようです。
一つ上のクラスの女の子たちは、確かに娘のクラスの女の子より女子っぽいと言うか、ベビーでなくキッズって感じで、
ベビーに近い娘にしてみれば、かわいいお姉さんに見えるようです。
いつだか「すーちゃんも来年はももぐみのおねえさんだね」と言った時に、「まだまだあんなにかわいいおねえさんにはなれないよ」
と言ってたことがありました。
4月の初登園の今朝、起きてすぐ「すーちゃんおねえさんになった?」と起きてすぐに聞かれました。
「お顔はいつものかわいいすーちゃんだけど、ももぐみさんのおねえさんだよ」と伝えると、自分で着替えを始めました。
blog105


blog104

二重を解除する方法

普段から私には恋人のごとくイチャイチャしてくるのに、夫が顔を近づけると「おヒゲがいたいの」とイヤな顔をする娘。
4歳手前にして、お父さんとのチューに若干というか、かなり抵抗する娘ですが、先日お風呂ですんなり夫にチューしているのを発見。
何やら違和感を感じ聞いてみると、普段まぶたが一重の夫ですがお風呂で顔をゴシゴシしたりすると二重になります、
その二重になった顔が娘はどうにもイヤらしく、「すーちゃん(娘)がチューすると治るみたい」と言った夫の悪巧みな一言で、
この「すんなりチュー」が成立しているようです。
顔をゴシゴシ→二重な夫→チュー→自然に一重にもどる、、、を繰り返す夫と娘。
・・・・・・ひとまず私は、見守ろう。。。。blog104


blog103

お風呂の中にマイクが!

歌舞伎とかで良く聞く「ぃよぉぉ〜〜〜、ポン」というかけ声について。
このかけ声、以前からうちの夫がとびきり上手なので、お風呂でやったら声が響くし尚上手に聞こえるのではないかと思い、
娘と3人で湯船に浸かっている時リクエストしてみたことがきっかけで、みんなで順番にこの「ぃよぉぉ〜〜〜、ポン」を
練習することになり、お風呂のクネクネする蛇口をマイクに見立て、「プログラム1番お父さんによる、ぃよぉぉ〜、の披露です」と澄ました声で紹介されたら、ぃよぉぉ〜を披露するという、謎の遊びが流行りました。ポンの時は手のひらを口にあてて音を出します。お風呂から上がる頃にはまあまあ娘の「ぃよぉぉ〜」も上達していて、次の日にはわたしより上手になりました。以後、このお風呂マイクはちょくちょく使われるようになり、先日もひな祭りの前日に、うれしいひな祭りを3番までこのお風呂マイク片手に熱唱していました。


blog102

ひな祭りの歌を間違えて覚えている娘

日曜日におひな様を出して飾ったときのこと。
娘はおひな様が大好きで、日曜におひな様を飾ろうねと約束していたので、朝から楽しみにしている様子。
保育園で毎月歌を「今月の歌」と2曲ぐらい朝のおやつの後に歌っているらしく、最近はひな祭りの歌を歌っているようで、
保育園の行き帰りに口ずさんだりしています。
日曜も朝から歌っていて、しっかり聞いてみると、「ごーにんばやしのふえたいこー」の所が、
「ぼーみんばやしの」になっていました。その時はまあ可愛いもんだ、とそのまま聞き流したのですが、
夜お風呂で歌っているときも「ぼーみんばやしのふえたいこー」と歌っていたので、
「すーちゃん、五人ばやしだよ。ごーにんばやし」と訂正すると、
保育園で習ってきて自信満々な娘は「ぼーみんだよ、ぼーみん!」とゆずりません。
つい「おひな様かざってるところの下に五人演奏家がいるからごーにんなんだよ」と私が言うと、
「ちがうよ、ぼーみんだよ」と反抗する娘。
「じゃあ、ぼーみんばやしって何なの?」と聞くと、「ぼーみんっていう林だよ」と娘。
ぼーみん林、、、どんな林だろう。外国かなあ。ボーミン林。外国だな。


blog101

ゆでだこさーん、

お父さんとお風呂に入った娘を受け取るときのこと。
お父さんと2人でお風呂に入ると、色んな遊びをするせいか割りと長いことが多いのですが、
先日もしっかり湯船に浸かったようで、体を拭く時湯気が半端無くほかほかの体と顔だったので、
思わず「ゆでだこさーん」と呼んでしまいました。
すると「はーい、ゆでだこでーす」と体を拭かれる待ち姿が、なんともかわゆかった。
3歳児のフォルムはかわいい。
娘は映画館で「ファインディングドリー」を見て依頼、タコのハンクの大ファンです。
カッコイイのだそうです。お風呂に入る時に、ハンクのビニール人形を持って一緒に入り、
私にハンクのマネをさせます。


blog101

娘のアゴにひげ

久しぶりに衝撃的な夢を見ました。
娘は主人に顔が似ていると良く言われますし私もそう思うのですが、
先日朝起きた時に、なんだかモヤモヤした気持ちがするなと違和感を感じつつ、
いつも通りの朝の支度をしていて、娘の顔を一緒に洗って鏡に映った娘の顔を見て、その日の夢を思い出しました。
〜娘のアゴ全体にヒゲがびっしり生えていて、「お父さんに似てるしまあこんなにヒゲが生えても仕方ないか、
ヒゲが生えたってまあ可愛いに変わりはないか、ほらネコちゃんとかうさぎさんだってヒゲ生えてるじゃない」と娘の手前、驚きを隠しつつ自己解決を無理矢理した〜という、
複雑な思いの夢だったことを思い出して、「ああ、つるつるな卵肌、そうは言ってもやっぱりヒゲはないほうが良いワ」と、ホッとしました。
それにしても夢の中のヒゲが生えてる娘、なんだか北の国からに出てくる田中邦衛みたいで、マタギ感満載で面白かったなあと、
夢だったことで素直におもしろがれて良かったです。


blog100

アンバーくらいになったら

1歳くらいから私のことを「アンバー」と呼ぶ娘。
最近私の服や持ち物で、自分が気に入った物を見つけると
「アンバーくらいおっきくなったら、すーちゃんにちょうだいね」とよく言う娘。
こないだは私の長靴に入れているブーツキーパー(ロングブーツなどに挿してまとめてくれる便利グッズ)に、リラックマが付いているのを見つけ、
「このながぐちゅがはけるようになったら、りりゃっきゅまちょうだいね」と言っていました。
言ってることはまっとうなのに、いちいち赤ちゃん言葉でそのアンバランスさがキュンとさせます。
先日は、「すーちゃんがアンバーとおんなじ大きさになったら、かたをくもうね」と誘われました。
そうだね。


blog98

ゆずをこすりつけてにおう娘

先日、娘と2人で入浴する際。この日は冬至でお風呂にゆずをおばあちゃんが入れてくれていたので、
ゆずを手にとり腕をちょっとこすって、そのこすった部分をにおって「いいにおいだよ」と娘に教えました。
すると娘もマネをして、自分の腕をゆずでこすってにおい、「ほんとだ、いいにおい」と。
それから娘は、ひたすらゆずを腕にこすりはじめ、腕だけに留まらず肩やら足やら首やら、
体中にこすりながら、「うん、いいにおい」と忙しそうにこの作業をくりかえす。
こすってはにおって、「うん、いいにおい」。
しまいには自分だけでは足らないのか、私に「アンバーももっとこすってあげる」と私の腕やら肩にも。
そんな娘の様子を見ながら、なぜか「耳なしほういち」を思い出してしまいました。
気に入ったことを取り憑かれたようにずっとやり続ける、すごいパワーだ。
最近、娘の肩甲骨が見えるようになり、成長を感じます。
余談ですが、今月はじめ頃に娘は前髪を切り、娘が広瀬すずちゃんを子ブタにした感じになってかわゆいです。
だれにも共感されません。


blog_97

「氷雨」を若い方に聞いてほしいという住職の言葉を受けて

お坊さんが沢山出ている某番組がテレビで流れていて、たまたま日野美歌さんが歌う「氷雨」が流れる中で、
「傘がないわけじゃないけれど、帰りたくない」という歌詞に情感の趣きを感じる、
最近のお若い人には、こういった気持ちの奥行きが減っている気がするから、是非とも聞いてほしい、、、
という住職のコメントを聞いて、うちのお若い人(3歳の娘)がちょうどワガママを言いながら暴れていたので、
「若いひと、この歌聞いてほしいってお坊様がいってますよ」と言うと、「わかいひと?すうちゃんはカタいひとだよ。」
といって、固まったふりをする娘。「ほらみて、かたいひとっ、ぶひひひひひ」と、また固まったポーズで悪く笑う娘。
こないだなんて、「おーっっ、ほっほっっほっっっ、、おおーーーっっ、ほっほっっほっっっ」と悪い魔女のマネをして笑っていました、、、。
意地悪な心を増殖させながら、気持ちの奥行きを成長させる娘。
人間が成長するには、きれいな心だけではダメなんだね、と自分に言い聞かせながら、
ダメなことはダメ、セーフなことは大目に見る、を繰り返す最近です。


blog97

「お・し・り」と発声練習のように読む娘

最近ひらがな練習中で、読むのが楽しくなっている娘。
先日ショッピングモールのトイレに一緒に入った時、娘が便座にすわって用をたす際、
ふと娘の目に飛び込んできたのが、ウォシュレットのボタンについているひらがな。
突然正しい発声でお腹から、「お・し・り」、、、と。。。。
演劇部とかがお腹に手を当ててやるあの感じの発声で!
続けて「や・わ・ら・かっ」!!
読めるのがうれしいようで、堂々たる発声。まあまあ広めのトイレ内に響く娘の声。
カタカナはまだやっていないので、その隣のビデが読めないらしく、
「これはなんてよむの、アンバー」と私に聞く娘。
純粋さって時にこわいです。


blog98

娘から閉め出される

最近アカチャンがえりってこれなのか?と思うほど、「アカチャンになりたいの」とか「いつまでもおっぱいはのみたいっておもうよ」とか、
「あかちゃんみたいにだっこしてー」とか、スキあらばおっぱいを飲むマネをしながら、わたしの懐にやってきます。
その反動なのか、厳しい事を言ったりちょっとした事で泣いたりする3歳児。
先日、保育園から2人で帰って来て玄関を入る時、自分が玄関の扉を開けたかったーっと泣くものですから、一旦閉めて「どおぞ」というと、
まだ「やりたかったのにー、どうぞじゃないっ、もお」などといつまでも言うので、じゃあと私が先に玄関を開けて入ると
「もういい、アンバーはおうちからでていってっ!」と、言い放たれ「わかった」とあっさり出て行って玄関前で立っていると、
すぐに扉を開けて、腕をつかまれ玄関の中へ。そしてぎゅっと抱きついてくる。
なかなか手強い3歳児。成長期なんですね、、、。ツンデレを繰り返す最近です。↓イラストクリックすると3コマアニメになります。
blog98


blog95

ウンチすら特別な物にしてしまう純粋さ

最近の娘はトイレでウンチをする時、「おわったらおおきなこえでよぶから、そとでまっていて」とトイレから私を追い出します。
そして、私が外に出て10秒後くらいに「アンバー、うんちでたよー」とおおきなこえで言います。
そして流す時に「このウンチ、どこまでつづいてるんだろうねえ」といいます。
以前、とっても大きいウンチを娘がした時に、ウンチのはじっこが見えないくらい長くて感動的だったので、私が思わず言った言葉を、
なんだか気に入ったようで、大きいウンチが出た時には必ず私に言います。
娘が「どこまでつづいているんだろうねえ」と言うたびに、なんだかシルクロードを旅するような神々しい気持ちになって、
気持ちが豊かになります。
心がきれいな人が言うと、同じ言葉でも特別です。


blog94

あべこべ

台風の影響からか最近気圧が不安定で、急に雨が降ってくることがしばしば。
先週土曜も出先から帰る時に土砂降りで、娘と色違いで購入していたポンチョがリュックの中に入っていたので、
久しぶりにそれの出番だ!と張り切ってきてみると、、、。
思ったよりポンチョの丈が短くて、こんなに下半身隠れなかったっけ?と少し思ったのですが、
いやでも300円ショップで買ったやつだし、そんなもんだっけ。。。。と自分に言い聞かしながら、
土砂降り雨の中を必死で自転車を漕ぎつつも、いやでもそれにしても腕濡れ過ぎだし、そういえばフードもピタピタだし、
と思って「あっっっ!!」と信号待ちの時に気がつきました。
娘のポンチョと私のポンチョがあべこべだー!娘の保育園バックに入っているのが私用の大人のポンチョで、
今まさに私が着てるのが3歳児用だ!!!
そのまま家路を急ぎました。。。。
娘が大人っぽい紺色を選び、私は子どもっぽい黄色にしたんでした。いつの間にか変わっていて気づきませんでした。
気をつけよう。


image

ラジオ体操の多胡肇さんが萩市に巡回、生ピアノで多胡さんとラジオ体操!

夏休みといえばラジオ体操、小学生の頃はイヤイヤ早起きして近所の集会所に行っていましたが、体育大学の卒論テーマをラジオ体操にしたくらい実は好きです。最近朝ムスメとEテレを見ているので、少し早起きした時テレビ体操を見ます。そこに出てくる多胡肇さんというラジオ体操の指導の先生がピアノ伴奏の方と全国を巡回していてたまたま8/15が萩市のようで、朝5時起きしてウキウキ参加しました。ラジオ体操の歌を歌ったり、昇り立ての太陽の下に広がる芝生の公園でキレイな空気をたくさん吸ってやるラジオ体操、たまには良いです!多胡肇さんはものすごく爽やかな声で、プロフェッショナルな仕切りに感動。何より私ずっと「タコさん」と多胡肇さんのことを呼んでいて、今日初めて「タゴさん」だと知りました!


image

萩の迎え火に参加しようとして、別の祭に参加する

去年帰省中に、萩市のお寺でやってるお盆の迎え火と送り火という行事が、沢山並んだ石灯籠に火が入ってすごく良いとの噂を耳にしてから、地元だし行ってみたいと思い、今年は絶対行くと妹に車で連れて行ってもらうことに。が、目的地の大照院に行く途中の神社のお祭りに勘違いして参加してしまう。でも、この神社のお祭りも、入り口にタイマツが燃え盛っていたり、神殿までろうそくの火が並んで鳥居で提灯を受け取り、提灯片手に神殿まで歩いてお参りしたり。いくつかある石灯籠にも火が入っていてとてもステキな道でしたし、私たちが迎え火と勘違いするのも無理もないくらい。しかし、まさかの違う祭。娘は入り口の露店でアンパンマンのヨーヨーを釣って、イタリア産レモンクリーム入り鯛焼きを買い、大満足のようでした。いくつかある鯛焼きの味の中からレモンクリームを選ぶ娘。神殿内もお宝が飾られていたり、今萩の映画館で公開されてるローカル映画のモデルになったらしい神主さんのトークショーも聞けたりと、間違いとはいえ私も満足です。


image

海で気付けば塩水をなめる娘

お盆休みを利用して実家の山口に帰省中です。車で30分位のところにある海に、妹家族に連れて行ってもらいました。娘は一歳過ぎ頃に、海に行ったことがありますが覚えていないらしく、初めての海に大興奮。海に入ってスグに「海の水はしょっぱいんだよ」と教えると、事あるごとに塩味のお味見をしている娘。プールやお風呂と違って、しょっぱいのが不思議らしいです。


blog92

感情がもろ顔に出る娘

自我がますます強くなり、自分のやりたかったタイミングで何か出来なかったりすると怒ったりする娘。
例えば、朝自分で靴下を選びたいとか、お気に入りのアンパンマンカードを保育園に行く途中の信号機で持って
「あおにナーレ」って言いたかったとか、まあとにかく些細なことです。
そして最近、こういったイヤなときに悪キャラの顔をする娘。
あからさまに目が伏し目がちになり、アニメの悪キャラのような目になります。
そしてワントーン低い声で「いいよー、もおアンバーなんかしらなーい、もーん、いっしょにあそばなーい」と言います。
本人曰く、可愛くない声らしいです。色んな情報を日々色んなところから集めて、表現する娘。
昨日の保育園の帰りのお支度のときに、お友だちのエイちゃんが後から来たのに先に靴下はいて帰りそうになったのがくやしかったらしく、
悪キャラになっていました。そして靴下もくつも「はかないもーん」と低い声でボソボソ言いながら裸足で玄関から出ようとしていました。
立派な悪キャラが出来上がっていました。